〒498-0014 愛知県弥富市五明町蒲原1371-4 イオンタウン弥富SC内

お問い合わせはこちら 0567-64-1722

愛知県弥富市のイオンタウン弥富の中にある歯科医院エムデンタルクリニックです。矯正インプラントはおまかせください。

歯科矯正

床矯正

歯並びをきれいにそろえるための矯正治療にも、さまざまな治療方法があります。
エムデンタルクリニックでは、通常の矯正治療に加えて床矯正とよばれる矯正治療も行っております。
矯正治療とは不正な位置・向きに生えてしまった歯を、装置を使って、正しい位置に動かす治療です。そのためには歯をきちんと並べるためのスペースが必要です。

通常の矯正治療では、歯を抜くことによりスペースをつくり、そのスペースに歯を並べるという考えかたでは、歯を抜かず、顎を広げてスペースを作り、自然で美しい口元を作る矯正方法です。
歯列だけでなく、顎の形も整えるので、しっかりかむことができる、本当の意味での良い顔を作ります。

床矯正の対象になる不正咬合について

口元をごらんになってください。あなたの歯並びは大丈夫ですか?

生えるが正しくない

とんでもないところから歯が生えてきてしまったり、永久歯の生えるスペースがなくなってしまったりと、歯が通常生えるべきところに生えてこない状態。

叢生(そうせい)

叢生

叢生は一般に「乱ぐい歯」「八重歯」と呼ばれている。
最も多くの患者様にみられるのがこの症状。
顎が小さいために歯がきれいに並びきれず、歯が重なって生えている状態。早期に治療を開始することが望ましい。

交叉咬合(こうさこうごう)

交叉咬合

通常は上の歯が下の歯に被っているが、この状態が逆になり、上下の前歯、奥歯の1、2本が交叉しているかみ合わせのこと。

反対咬合(受け口)

反対咬合

通常は上の歯が下の歯に被っているが、この状態が逆になり、上下の歯が3本以上反対になっているかみ合わせのこと。

下顎の後退

下あごの後退

多くのケースが悪習慣から起こるといわれている。かむ筋肉が正しい動きをしておらず、顎の筋肉が、後ろに後退している。

過蓋(かがい)咬合

過蓋咬合

かみ合わせが深く、前から見ると下顎の前歯が見えない状態。奥歯は臼歯と呼ばれるように、「うす」のように横に下顎を動かす必要があるのだが、前歯のかみあわせが深いために下顎を横に動かせずよくかめない。

前突(出っ歯)

前突

前歯が飛び出している状態。

正中離開(せいちゅうりかい=空きっ歯)

正中離開

真ん中の前歯の2本の間が開いている状態。
早期に治療しないと、隣の歯が生えるスペースが無くなり、歯並びがより不正になる。

開咬(かいこう)

開咬

上下の歯をかみ合わせても一部がかんでいない状態

床矯正と通常の矯正方法を比較すると、

  メリット・デメリット 治療期間 治療の特徴 費用
床矯正
  • 基本的に歯を抜かずに顎を広げる
  • 装置の着脱が可能
  • 顎が成長中の子供に最適
  • 経済的
平均
1~3年
歯並びを整えるだけでなく、土台となる顎を広げ、かむ訓練により顔船体が正常な機能を取り戻す。 早期であれば10万円から治療可能。
通常矯正
(表側に装置着用)
  • 矯正装置が目立つ
  • 痛みを感じる
  • 抜歯することが多い
平均
1~3年
矯正力があまり強くなく、歯の移動に時間がかかる。 50~100万円
(医療機関、状態により異なる。)
裏側矯正
  • 歯の裏側に装置をつけるため、表から見えない
  • 歯が磨きにくい
平均
2~3年
人に気づかれることなく、美しい歯並びに治療できる。 100~150万円
(医療機関、状態により異なる。)

床矯正はとても良い矯正方法ですが万能ではありません。
患者様一人ひとりにもっとも有効な方法で治療を進めます。何なりとご相談ください。

床矯正Q&A

子供の歯並びが気になりますが、何才くらいから矯正治療を始めることができますか?
床矯正の場合は、顎が成長している間に、口元の形態、歯並びを整えることが効果的です。5才以上であれば、なるべく早く治療することがよりよい結果につながるようです。通常の矯正の場合は、歯の生えそろう12~15才に開始することが多いようです。
大人は無理ですか?
大人の方も健康に問題がなければ治療可能です。若い方に比べると歯が動くことに時間がかかり、治療期間が長くかかる場合があります。
痛みはありませんか?
痛みはほとんどありません。床矯正はとても良い矯正方法ですが万能ではありません。患者様一人ひとりにもっとも有効な方法で治療を進めます。何なりとご相談ください。

症例

矯正治療の症例です。

調和のとれた顎間関係や歯が並ぶスペースを確保してから、個々の歯を並べます。
エムデンタルクリニックは非抜歯矯正を第一選択としています。しかし、症例によっては、ストリッピング(隣接面部の僅かな削除)や便宜抜歯が必要となる場合もあります。

術前   術後
PAGE TOP